ついに発表!マリオットとSPGの合併で、リワードプログラムはどうなる?

Marriotto-SPG AMEX

 

全米の旅行者(特に陸マイラー)が注目している、マリオットとSPGの合併

この合併で、リワードプログラムがどうなるのか、みんなソワソワしながら、正式な発表をいまかいまかと待っていました。

4/16にフェイスブック上で、詳細の発表がありました。

いちおう見ておきました。

Marriotto-SPG

 

初めに10分間のプローションビデオを見せられました。

Marriotto-SPG

発表は、なんかアップルっぽかったです(笑)

Marriotto-SPG

ライブで3500人くらいの人が見ていました。

 

たくさんの変更が予想されていましたが、どうなったでしょうか。

クレジットカードはどうなる?

 

それでは、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

新マリオット・リワードプログラム

まず分かったのは、新しいリワードプログラムが始まるのは、2018年8月から。

マリオット・リワード、SPGリワード、リッツカールトン・リワードが完全に1つのリワードプログラムに統合されます。

それで、SPGポイントは8/1にマリオットアカウントに強制移行されるようです。

以降比率は3:1。

 

無料宿泊アワードチャート

無料宿泊に必要なポイント数のチャート。

Marriotto-SPG

コレに関しては、どのホテルがどのカテゴリーに入るか、というのが分からないと何とも言えませんね。

2019年からは、オフピーク、スタンダード、ピークシーズンと分けられます。

要するに、高いシーズンにはポイントもたくさん必要になる、ということですね。

 

今まではほぼ一律でどのシーズンに泊まっても同じポイントだったので、ピークシーズンに泊まればポイントの価値を最大化できたわけです。

例えば1泊その日は$500するホテルに、たったの10000ポイントで泊まれた!という夢のような話。

それが少し難しくなるイメージですね。

 

ただ、ヒルトンのように、値段に応じて無料宿泊に必要なポイントが変わる、という感じではないようです。

それだと、ポイントの価値がはっきりわかってしまって、ちょっと夢がなくなりますよね^^;

マリオットにはまだ、夢が少しだけ残されているかもしれません。

 

どのホテルがどのカテゴリに入るか、についての詳細は、6月に発表になるようです。

発表され次第、また記事にしたいと思います。

 

 

エリートステータス

エリートステータスは、以下のようになります。

  • メンバー(0-9泊)
  • シルバー(10-24泊)
  • ゴールド(25-49泊)
  • プラチナ(50-74泊)
  • プラチナ・プレミア(75-99泊)
  • プラチナ・プレミア(100泊以上+20000ドル)

 

詳細はホームページを見ると、よく分かります。

新・マリオットリワードプログラム(ベネフィット)

 

ほとんど今までと変わりがない気がしますが、例えばゴールドを見てみると

  • レイトチェックアウト : 4PM → 2PM
  • ボーナスポイント : 50% → 25%
  • ラウンジアクセス : あり → なし

など、けっこう改悪になっています。

特にラウンジアクセスがなくなるのは痛いですね。

ただし、現在のゴールドは自動的に新プラチナになるので、今とほぼ同じ特典を楽しむことができるようです。

という意味では、改悪ではありませんね^^

 

 

エアラインへのトランスファー

この項目は、改善と言えるかもしれません。

今までのマリオットとSPGの提携エアライン全てにポイントトランスファーができるようになります。

なので、ANA、JALをはじめ、ほとんどのアメリカ系エアラインにはポイントトランスファーが可能です。

 

ちなみに交換比率は、ほとんどのエアラインで3:1

そして、SPGの特典にあったボーナスマイルも、もらえます。

60000ポイントをトランスファーすると、5000マイルボーナス、という形です。

つまり60000ポイントが25000マイルになる、ということです。

 

ただ、この使い方がいいのかどうかは・・・時と場合によりますね。

JALにだけはいいかもしれません。

ANAはアメックスポイントが一番でしょう。

 

新クレジットカード

SPG Luxury Card

SPG Luxury Card

  • 年会費 : $450
  • マリオットで使えるクレジット:$300
  • ゴールドステータス、75000ドル使えばプラチナステータス
  • プライオリティパス・セレクト
  • Boingo
  • $100ぶんのGlobal Entry費用
  • 無料宿泊(50000ポイントまで)

などです。

サインナップボーナスは、分かりません。

いままで無料宿泊がついたSPGカードは、アメリカ版には今までにありませんでした。

(日本のSPGクレジットカードには無料宿泊がついてますが)

ただ、50000ポイントまでとなっているので、新しいチャートの50000ポイントで、どのレベルのホテルに泊まれるか、がこのカードのカギになりそうです。

サインナップボーナスや無料宿泊によっては、Applyしてみるかもしれません^^

詳細はコチラ

 

Chase Marriott Rewards Premier Plus

Marriott Premier Plus

  • 年会費:$95
  • 無料宿泊付き(35000ポイントまで。)
  • シルバーステータス

年会費は$10高くなりました。

いままでのマリオットカードの無料宿泊は、カテゴリ5まで(25000ポイント相当)となっていたので、けっこう使いづらい特典でした。

(日本にはカテゴリ5以下のホテルはありませんし)

ちなみにカテゴリ5はこのレベルです↓

ディズニーランド近くのホテル、TownePlace Suites Marriott宿泊記!
先日、訳あって、LAのディズニーランド(正確にはアナハイムという場所にあります)の近くのホテルに泊まってみました。 残念ながら、ディズニーランドに遊びに行ったわけではありません^^; まずはホテル選びですが、マリオット系列に絞っ...

 

今回35000ポイントまで、となりましたが、こちらも新しいチャートの35000ポイントで、どのレベルのホテルに泊まれるか、がカギになりそうです。

サインナップボーナスは100000ポイントというウワサ。

5/3からApplyできるようです。

詳細はコチラ

 

既存のクレジットカード

Marriott Premier, Ritz-carltonの既存のカードには、特に変更なし。

(Ritz-carltonカードは、後日特典が追加、変更の可能性あり)

 

SPG Preferred Guest

1ドルにつき、2マリオットポイントもらえます。

これ、完全に改悪です。

今までは1ドルにつき1SPGポイントだったのですが、1SPGポイント=3マリオットポイントですので、もらえるポイントが2/3になったということです。

シブい。

ただ、今までなかった無料宿泊(35000ポイントまで)がついたのは大きいかも。

あとシルバーステータスがついてきます。

 

 

SPG Business Preferred Guest

上記のポイント加算減に加え、シェラトンラウンジへのアクセスがなくなったようです。

改悪。使ったことないけど(笑)

シブい。

 

日本のSPGクレジットカード

まだ詳細発表なし。コチラ

 

 

まとめ

ざっくりと、大きな変更だけ書いてみました。

小さな変更については山ほどあるので、詳細は公式サイトをみて確認するのが一番かと思います^^;

陸マイラーに大人気の、日本のSPGクレジットカードは、どうなるのでしょうか????

 

ちまたでは、大改悪になる、と予想されていましたが、発表後は意外にも悪くない、というレビューが多いです。

まぁ、始まってしばらくたってみないと、使い勝手など、正直なんとも言えないと思います。

これだけ大きな合併なので、今後、システムエラーなんかも山ほど出るに違いありません。

 

また何か面白い情報、お役立ち情報が出てきたら、記事にしたいと思います^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました