年会費無料の最強クレジットカードが誕生!Chase Freedom Flexクレジットカード!!

Chase

 

2020年9月、年会費無料の最強クレジットカードが誕生しました。

その名も

Chase Freedom Flex

いったいどんなカードなのか・・・?

今からじっくりとこのクレジットカードをレビューしていきたいと思います^^

 

 

スポンサーリンク

Chase Freedom Flex クレジットカード

こちらのChase Freedom Flexクレジットカードは、長年愛されてきたChase Freedom クレジットカードのNew Versionとして誕生しました。

 

Freedomと同様、カードの申請ページ↓を見ると、一見ただのキャッシュバックカードかな?

と思うのですが、このカードで貯めたキャッシュバックは

1セント=1Chaseポイント

として使うことができます。

 

そして、そのChaseのポイントはHyattにトランスファーできます。

それでこのカードのキャッチコピーは、無料で毎年パークハイアット東京に二泊!にしたいと思います(笑)

 

ただ、シンプルにキャッシュバックカードとして利用したとしても、かなりいいカードだと思います!

 

特徴

<年会費>

無料

 

<入会ボーナス>

  •  $200(=20,000Chaseポイント
  • 1年目、グロサリーカテゴリーで5倍ポイント(12,000ドルまで)

 

<ミニマムスぺンド>

 3か月以内に$500

 

ベネフィット

主なベネフィットは以下。

  • ボーナスカテゴリーで5倍ポイント  → 詳細は後ほど解説します^^
  • Chaseトラベルで5倍ポイント
  • レストラン、デリバリーで3倍ポイント
  • ドラッグストアで3倍ポイント

追加として、

  • Lyftで5倍ポイント(2022年3月まで)
  • Doordashのデリバリーが3か月無料(その後9か月50%オフ)
    ※Doordashについては、Sapphire Preferred持ってたら1年無料になるので、使う必要ありません^^;

 

あとは、各種の補償

  • 携帯電話補償(Cell Phone Protection)
  • 買い物補償(Purchase Protection)
  • 延長保証サービス(Extended Warranty Protection)
  • 旅行保険(Trip Cancellation/Interruption Insurance)
  • レンタカー保険(Auto Rental Collision Damage Waiver)
  • アシスタントサービス(Travel and Emergency Assistance Services)

などがあります。

 

Freedom Flexのメリット

無料なのに、とにかくChaseポイントを貯めやすい。

ミニマムスぺンドが少ないのに、入会ボーナスが大きい!

色んなシーンでポイントが貯まる!

 

Freedom Flexのデメリット

  • 3か月ごとにボーナスカテゴリーが変わるので、気をつけないといけない
  • 外貨手数料がかかる(海外では使用しないようがいい)
  • 見た目がちょっとダサい(笑)

など(笑)

 

Freedom Flex 申請前の注意点

Chase Sapphire Preferredと同じく、Chaseの5/24ルール対象カードです。

簡単に言うと、24か月以内に5枚(他社を含む)以上クレジットカードを申請していないこと。

が申請条件になります^^

 

Sapphire Preferredなどの親カードと比較すると、申請が通りやすいと思います。

ですので、まずはこちらを先に作って、あとでSapphire Preferred作るという作戦もアリです^^

(すでにSapphire Preferred持ってる人は、5/24さえクリアしていればほぼ問題なく作れると思います。。)

 

 

Chase Freedom Flex 攻略方法

Chase Freedom Flexをうまく利用するには、ローテーション ボーナスカテゴリーを理解する必要があります。

 

ローテーション ボーナスカテゴリーとは

3か月ごとに変わる、Chaseが指定するショッピングカテゴリーです。

 

例えば、2019年は以下のように指定されました。

  • 1-3月 : ガスステーション、有料道路、ドラッグストア
  • 4-6月 : グロッサリーストア、ホーム用品店
  • 7-9月 : ガスステーション、ストリーミングサービス
  • 10-12月 : Paypal、Chase Pay、デパート

このカテゴリー内で使えば5倍ポイントがもらえる、という仕組みになっています。

 

それぞれの期間が始まる少し前に、以下のようなEmailが飛んでくるので、まずはActivateするのを忘れないようにしましょう^^

Activateしないとボーナスがもらえず、全て1倍になってしまうので、要注意です!

でもChaseのオンラインページでもActivateできますので、Emailを見逃してしまっても大丈夫です(笑)

 

さて5倍のボーナスカテゴリですが、3か月に1,500ドルまでという上限が設定されています。

つまり1,500ドル以上使うと1倍になってしまうので、ここも注意が必要です(笑)

 

というわけで、3か月で1,500ドル使ってもらえるMAXボーナスは、

1500 × 5 = 7500ポイント

ということになります。

 

1年間で6,000ドル(1,500×4)使ってもらえるMAXボーナスは、

7500 × 4 = 30,000ポイント

になります。

 

30,0000ポイントあれば、パークハイアット東京に一泊できますね^^

1年間で、たった6,000ドル(つまり1か月500ドル)使うだけで、10万円以上のリターンが期待できちゃうカードなんです!

 

使いにくいカテゴリー攻略法

けっこう使いにくいな、1,500ドルも使えないな・・・と感じるカテゴリーも正直あります^^;

2019年のボーナスカテゴリーをもう一度見ると、

  • 1-3月 : ガソリン、有料道路、ドラッグストア
  • 4-6月 : グロッサリーストア、ホーム用品店
  • 7-9月 : ガソリン、ストリーミングサービス
  • 10-12月 : Paypal、Chase Pay、デパート

でした。

 

4-6月と10-12月は何とかなりそうだけど、1-3月と7-9月は使いにくい、と感じるのではないでしょうか。。。

特に7-9月。

使いにくいなーと思う場合は、その期間はFreedom Flexは使わずにスキップしちゃいましょう(笑)

 

・・・というのは半分冗談です(半分本気ですが^^;)。

 

でもせっかくなら、1,500ドルのボーナス枠を使い切りたいですよね。

その場合、以下の方法が有効です。

  • 1-3月 : ドラッグストアで、売っているギフトカードを購入
  • 7-9月 : ガソリンスタンドで、売っているギフトカードを購入

つまり、使いそうなギフトカードを、指定カテゴリのお店でChase Freedom Flexを使って購入しておくことで、5倍ポイントをゲットすることができます。

 

ドラッグストアもガソリンスタンドも、Amazonとかレストランとかスタバとかデパートとか、色々な種類のギフトカードが売っているので、好きなギフトカードを選べると思います^^

 

ここで注目したいのは、もしドラッグストアがボーナスカテゴリーに入った場合、

通常の3%に加えてボーナス5%なので、7%(通常使用分が重複しているため-1%として計算)のポイントがもらえることになります。

もしグロサリーがボーナスカテゴリーに入った場合、1年目ならグロサリーが5%なので、合計で9%のポイントがもらえることになります。

これは・・・めちゃくちゃデカいです。

 

ちなみに2020年の10月-12月のボーナスカテゴリーは、

PaypalとWalmart

ですので、重複は残念ながらありません^^;

 

 

Chaseポイントを使うには

じつを言うと、Chase Freedom Flex単品で持っていても、単なるキャッシュバックカードにしかなりません。

 

しかし、以下のいずれかのカード(親カードと呼びます)を持っていると、Chaseのポイントとして利用できるようになります。

  • Chase Sapphire Preferred ←11/8まで入会ボーナスが80,000ポイントに跳ね上がってます!まだ持っていない人はまずこちらを急いで申請しましょう!!
  • Chase Sapphire Reserve
  • Chase Ink Preferred(ビジネスカード)

これでChaseトラベルポータルで25%-50%増しで利用するか、ハイアットなどのトランスファーパートナーにも移行して利用することができます。

 

これらの親カードは最低95ドルの年会費が発生するため、完全無料というのはウソになってしまいますが・・・

その辺りはご了承ください^^;

 

ポイントを親カードに移行

では、Freedomで貯めたポイントをどのように親カードに移行するかを解説します。

まず、Chaseのアカウントにログインしてポータルにいきます。

Freedomのほうをクリックして、Combine Pointsをクリック。

ポイントを移行したい親カード(ここではSapphire Preferred)を選択

移行したいポイント数を入力

内容があってるか確認

完了!

これで、Freedom Flexでためたポイントが全て親カードに移行されました。

あとは煮るなり焼くなり、好きなように使いましょう(笑)

 

以下、使いかたの参考にどうぞ^^

【特典宿泊】1泊15万円!?全てが別格!パークハイアット東京、宿泊記(グローバリスト待遇)!
2019年10月、一時帰国時にパークハイアット東京に宿泊してきました。 ここは全てにおいて、別世界でした・・・ 今回、ハイアットポイントを利用した特典宿泊だったのですが、 かつグローバリストの友人のGues...
【特典宿泊】レゴランドの近く、カールスバッドの隠れ家リゾート!Park Hyatt Aviara(パークハイアット・アヴィアラ)宿泊記!
2019年の8月中旬に、子供たちを連れてカリフォルニアのレゴランドに行ってきました。 レゴランドは、サンディエゴより少し北のカールスバッドという町にあります。 今年に入って、2度目のレゴランド訪問になりま...
サンフランシスコ旅行記 2019 Vol.3 Hyatt Place San Francisco/Downtown(ハイアット プレイス サンフランスシコ / ダウンタウン)宿泊レビュー
サンフランシスコ旅行記、1日目の続きです。 ディナーと買い出しを済ませ、今回のホテルに向かいます! Hyatt Place San Francisco/Downtown(ハイアット プ...
日本旅行記2018 Vol.7-アンダーズ東京、徹底レポート! お部屋編!
アンダーズ東京のアフタヌーンティーを2時に予約してあったので、銀座から2時前に戻ってきました。 通常のチェックインは3時ですが、お部屋がもう準備されているとのこと。 素晴らしい。 部屋番号は4901...

 

 

まとめ

年会費無料なのに、

  • 入会ボーナスが20,000ポイント
  • 1年目はグロサリーが5倍ポイント
  • 年会費無料
  • 毎月500ドル使うだけで、30,000ポイント以上貯められる可能性を秘めている

Chase Freedom Flexクレジットカード。

 

作らない理由がないですよね。

とまでは言いませんが(笑)

 

確かにちょっとだけクセがあるカードなので、

3か月ごとにカテゴリが変わるとか、忘れちゃいそう!!
ギフトカードを買うとか、メンドクサイ!!

というかたには、正直おススメできないですね・・・^^;

 

そういうかたは、ここまで読んでないかもですが(笑)

もしメンドクサイと感じる場合は、シンプルなFreedom Unlimitedをおススメします^^

Chase Freedom Unlimited クレジットカード レビュー

 

でも、無料でれだけ大きなリターンが得られるなら、多少の努力は惜しまない!

という投資家資質(笑)のかたには、バシッ!とハマるカードなのではないかと思います^^

 

うまく使えば、入会ボーナス含めて1年で50,000ポイントですからね・・・

グランドハイアット東京なら、2泊できちゃいますね^^

 

Sapphire Preferredと合わせると、入会ボーナスだけで80,000ポイント
最低でも1,000ドルのリターンです。

 

ちなみにChaseポイントを集中して貯めるには、Freedom Unlimitedとの3枚持ちがおススメです。
その場合、入会ボーナスだけで100,000ポイントです^^

 

ぜひ、Freedom Flexを駆使してChaseポイントをさらに貯めまくりましょう!!

 

Chase Freedom Flexクレジットカード

 

もし何か質問、疑問があったら、いつでもご連絡ください^^

それでは、ここまでお読みくださり、ありがとうございました!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました