朗報!ハワイアン航空とJAL(日本航空)が提携!!

Hawaiian お役立ち情報
ハワイアン航空HPより

久しぶりにマイレージ業界に、朗報が飛び込んできました。

なんとハワイアン航空とJAL(日本航空)が業務提携する!とのことです。

Hawaiian

ハワイアン航空HPより

 

これは・・・

今まで使いづらいと言われて評価の低かったハワイアンマイルがかなり使えるマイルになる予感です。

個人的に、ハワイに行くときはハワイアン航空を使いたい派なのですが、

なぜかというと、もう乗った瞬間からハワイに行った気分になれるからです(笑)

音楽とか、フライトアテンダントの雰囲気とか。。。

あと、帰りも到着までハワイの風を運んでくれるからです(笑)

まだ詳細は明かされていませんが、提携内容を少しだけ分析してみましょう。

 

スポンサーリンク

ハワイアン航空とJAL(日本航空)の業務提携内容

取り急ぎ、大きく分けて、3つです。

  • コードシェア
  • ラウンジの相互利用
  • マイレージプログラム提携

詳細は、公式サイトを見てみてください。

 

以下、それぞれの提携内容について、感想を。

 

コードシェア

コードシェアにより、JALとハワイアン、どちらに乗ったとしても、好きなほうのマイルを加算することができるようになります。

あと、コードシェアの場合、ときどき値段が違っていたりします。

ハワイアンのウェブサイトでJAL便を買ったほうが安い、とかいうことも発生する可能性があります。

逆もしかり。

いずれにしても、航空券を安くゲットできる可能性が増えるわけです。

(ただし、今後両社のシステムがもっと賢くなってしまうと、そういうこともなくなるかも)

 

ラウンジの相互利用

ラウンジについては、正直ビジネスクラス以上に限定されるのですが。。。

ハワイアン航空のホノルルのラウンジはかなりショボいというもっぱらのウワサですので、JALのサクララウンジを使えるというのは、ハワイアンのビジネスクラス利用者には最高の特典になるでしょう。

あとは、この提携でサクララウンジがひょっとするとプライオリティパスで利用できるようになるのでは・・・

という淡い期待がふくらみますが、それはちょっと分からないですね。

もしそうなってしまうと、JALメンバーにとっては、かなりやっかいかと思われます^^;

このラウンジの相互利用については、ハワイアン利用者のみオトクだと言えるでしょう。。。

 

マイレージプログラム提携

一番大きな(うれしい)提携が、このマイレージプログラム提携です。

ハワイアンマイルで、JALに乗れる可能性がある!ってことですね。

アメリカでもハワイアンマイルは使いにくいことで有名です。

だからハワイアン航空が出しているクレジットカードも、全然人気がありません(笑)

しかし、JALで使える!となると、人気が出てくるかもしれません。

特にアメリカ在住の日本人にはためて損のないマイルになるでしょう。

ブリティッシュエアウェイズと同じように、ハワイアンマイルを使ってJALの国内線に乗れるようになるのは間違いありません。

(交換レートの違いはあるでしょうが)

また、もしJALの国際線で使えるとなると、アメリカ人もハワイアンマイルを貯めはじめるかもしれません。

アメリカでは(日本でもそうですが)ANAのマイルはけっこう貯めやすいのですが、JALは難しいのです。

提携内容によっては、JALマイルをためるよりも、ハワイアンマイルをためるほうが効率がいい!ということにもなるかもしれません。

 

地方からもハワイアン航空を使ってハワイに

日本では、ハワイアン航空は成田からしか飛んでいません。

しかしこの提携により、名古屋、福岡、仙台、青森、その他の地方都市からJALを使って成田経由でハワイアン航空に乗ることが可能になります。

これはすごい!!!

・・・とはあまり思いませんが^^;

というのも、名古屋のように直行便がある都市であれば、まぁ、直行便が便利でいいですよね。

時間の無駄もないですし。

ハワイ旅行はできれば時間を節約したいですからね^^

でも、ハワイアン航空を使うとかなり安い!とか、メリットがあれば利用する価値はあると思います。

実際、地方からの直行便より、成田からのほうがハワイへ行くのは安いことが多いですからね。。。

こうやって、選択肢が一つでも増えるのは、いいことです。

 

 

結論

簡単に少し分析してみましたが、この業務提携。

率直に言ってしまうと、

ハワイアン航空を利用する人に、かなりのメリットがある提携である

ということが分かります。

逆に、JALを利用している人には、ほとんどメリットはないと思います(笑)

また詳細が分かり次第、記事にしてみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました