AMEXポイントでANA特典航空券(片道だけビジネス)を予約!ビジネスクラスの予約は粘り強さがカギ!

わたくし、2017年にマイル&ポイントと言われる趣味にハマり、それから継続してAMEXポイントを貯めてきました。

おかげで1年ちょっとで20万ポイントをゲットできました。

つまり、ANAにすると20万マイルです。

日本でもポイントサイトを利用してこのくらい貯められる陸マイラーも多いようですが、アメリカではクレジットカードの通常利用だけで、これだけ貯まりました。

(入会ボーナスが大きいですが)

作ったのは、たったの2枚で、1枚はアメックスプラチナカード。

当時の入会ボーナスは50,000ポイント(現在は60,000ポイント)。

こちらはすでに解約済み^^;

Amex Platinum Card(アメックスプラチナカード)を解約しました・・・
先日、Amex Platinum Card(アメックスプラチナカード)を解約しました。 (すごく個人的な内容なので、興味ないかたは無視...

もう一枚は、我が家のメインカード、AMEX Everyday Preferredです。

アメリカでANAマイルを貯めるなら必須のカード!AMEX Everyday Preferredレビュー
5月に日本への一時帰国を計画している我が家。 基本ANAの深夜、羽田便を利用するのですが、やはり日系エアライン、ANAのサービ...

目的は、もちろんANA特典航空券に交換するため。

特典航空券は、特にビジネスクラス以上で威力を発揮します。

例えば、LAX-東京のチケットで見てみると、かなりざっくりですが、

通常料金

(概算)

必要マイル

(レギュラーシーズン)

1マイルの価値
エコノミークラス 1,000ドル 50,000マイル 2セント
ビジネスクラス 4,000ドル 85,000マイル 4.7セント
ファーストクラス 10,000ドル 150,000マイル 6.7セント

となり、ビジネス、ファーストになると、1マイルの価値がかなり高くなります。

また、ANAは特典航空券でもサーチャージが発生します。

さらにエコノミークラスの場合、チケットがもっと安い場合もあります。

なので、割安なエコノミークラスにマイルを使うと、もったいない感じがします。

もちろん、使わないよりはいいのですが^^;

せっかくなので、今回の一時帰国の時に、マイルで特典航空券を発券してみようと思い、トライしてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

発券したANA特典航空券の旅程

今回特典航空券で発券したのは、予定の都合上、以下の旅程で、一人分だけ。

行き:エコノミークラス(LAX → 羽田)

帰り:ビジネスクラス (セントレア → 成田 → LAX)

(厳密には、セントレア → 成田の国内線はエコノミー)

必要マイル数 : 67,500マイル + 170.39ドル(サーチャージ等)

ちょっと複雑な旅程ですが、特典航空券なら、こんなことも可能なんですね!

普通に購入する航空券の場合は、行きと帰りで違う座席クラスを選ぶことができないようです。

往復ともエコノミーか、往復ともビジネスか。

片道だけビジネス、というのがANAはできないんですね。

そういう意味では、特典航空券はかなりフレキシブルで便利かなと思います。

ANA特典航空券の探しかた

特典航空券ですが、探すのにかなり苦労しました。

以下、探しかたのコツ、覚え書きとして。

エコノミークラス

まずはエコノミークラスから。

ANAの北米サイトからログイン後、特典予約をクリック

前後3日の空席を比較にチェックを入れておきます。

ANA以外の他社便も含まれる、と表示されます。

とりあえず確認を押してすすみます。

すると、こんな画面に。

空席ありの中で、希望の日程で、次へをクリック。

空いているので、次へをクリック。

50,000マイル + 256.28ドル(サーチャージ等)。

これが安いかどうかは別として、こんな感じで特典航空券をゲットすることができます。

ただし、これはめちゃくちゃうまくいった例。

だいたいは、以下のように、空席のない日付があります。

空席あり、の日程で進んだとしても、

こんな感じで、ANA便どころか、直行便もなかったりします。

その上、55,000マイルも取られてしまいます。

エコノミークラスであっても、日程がフレキシブルでないと、うまく見つからないことが多いのです!

ビジネスクラスは難しい

それでもエコノミークラスはちょっと日付をずらしてみたりすれば、わりと簡単に空きが見つかります。

しかし、ビジネスクラスの空きを見つけるのは簡単ではありません。

やってみましょう。

特典予約の画面で、クラスを特典ビジネスに変更します。

こんなメッセージがでてきます。

とりあえず確認をクリック。

するとこんな画面に。これはエコノミーの時と同じです。

が!ここで空席あり、となっていても、ビジネスクラスの空席があるわけではありません。

ややこしいですね。

ぬか喜びしないようにしましょう。

次へをクリックすると、以下のメッセージが。

はい、ビジネスクラスには空きがありませんよ。というメッセージです。

とりあえず確認をクリックします。

すると、以下の画面に。

この、左上に”空席待ち”と出ている場合、ほぼほぼ無理と考えたほうが良さそうです。

もしあなたがANAの上級ステータスを持っている場合は別として、平会員だった場合、空席待ちをしていても、落ちてくる可能性は、ほぼ0だそうです。

なので、確実にチケットを取りたい場合は、”空席待ち”という表示がない日程を探す必要があります。

探しかたは、地道に粘り強く、1日ずつ日程をずらしていくしかありません。

ちょこちょこずらした結果、以下の日程で見つかりました。

最初の検索日程が、11/7-11/21。

見つかったのが、11/12-12/5。

かなり違いますね^^;

ビジネスクラスの空きに合わせてスケジュールを調整できる人はいいですが、まぁそうそういないのではないでしょうか・・・

他に、11/12-11/26という日程でも発見できましたが、帰りはバンクーバー経由という。

しかも90,000マイル。

ちょっとキビシイですよね^^;

今までは到着地を羽田のみで検索していましたが、成田も含めるとどうでしょうか。

LA ⇔ 成田は2017年10月から、1日2便に増えたので、ちょっとは見込みがありそうですが・・・

結果は、オール”空席待ち”でした^^;

成田を含めても、ANA直行便だと、11/11-12/5の日程しかありませんでした。

このように、ビジネスクラスの特典航空券を発見するのは、かなり至難の業となります。

というわけで、1年前からスケジュールして、リリースされた瞬間に予約する人も多いようです。(特典航空券は365日前にリリースされる)

変更も3000マイルでできるようなので、まぁ最悪、スケジュール変更になっても安心ですし。

我が家は、子供もいるし、1年後の予定は立てられないので、ちょっと難しいです^^;

複数都市・クラス混在のパターン

これが今回、ボクが取った特典航空券のパターンです。

この複数都市・クラス混在で検索する場合、前後3日の検索はできません。

なので、まずは上記の方法、クラスで、どの日付に空きがあるかを検索しておきます。

例えば、行きが東京着で、帰りが名古屋発の場合、東京経由が確実なので、LAX⇔東京の空きを事前に調べる、という感じです。

上記で、空きがあると分かった日付は、11/11-12/5発。

特典予約 → 複数都市・クラス混在を選択

この条件で検索してみます。

行きのエコノミーは、羽田便も空いています。

帰りの名古屋→LAXは、成田経由と、

羽田経由、両方あいていました。

ここで一つ注意。

以下のように、空港間移動と書いてある路線は、羽田→成田か、成田→羽田の間を自力で移動しなくてはいけません。

東京に立ち寄りたいなら話は別ですが、空港間移動と書いてあるフライトは避けたほうがいいでしょう。

以下の日程で、今回ボクが発券したのと同じ旅程で特典航空券をゲットできます。

レギュラーシーズンなので、必要マイルは

行き(エコノミー):50,000 ÷ 2 = 25,000マイル

帰り(ビジネス):85,000 ÷ 2 = 42,500マイル

合計:67,500マイル

プラスで、今はサーチャージが少し高くなっているので、256.52ドル必要です。

今回の作業の流れとしては、

  1. 行きのエコノミークラスの空きを、往復で検索して、見つける
  2. 帰りのビジネスクラスの空きを、往復で検索して、見つける
  3. 複数都市・クラス混在で検索して、最終確認

という感じです。

こうまとめると大したことないですが、やはり2のビジネス空席を見つけるところが鬼門ですね。

これを粘り強くクリアした者だけが、特典ビジネスのおいしい汁を吸える、ということですね。 ←表現がやらしい

国内線を追加してもマイルは同額

ちょっと裏技的な。

ANAは日本⇔アメリカ往復の特典航空券であれば、どこまで行っても、必要マイル数は同じです。

例えば、以下のような日程。

行き : LAX → 東京 → 沖縄

帰り : 名古屋 → 東京 → LAX

でも、東京往復と同じマイル数でOKなのです。

先ほどと同じように、片道だけビジネスの場合。

全く同じマイル数と、諸費用です。

この場合、沖縄 → 東京のフライトは自分で準備する必要がありますが。

それでも、東京→沖縄の、片道分のフライトが無料でついてくると考えれば、美味しいですね^^

ちなみにちなみに、日本 ⇔ アメリカが同じマイル数、ということは・・・

ニューヨーク ⇔ 日本

ロサンゼルス ⇔ 日本

も同じマイル数なんですね。

もちろん購入した場合ニューヨークからのほうが高いので、なんとなく、ニューヨークからの人、おトクだな・・・と思ってしまう、貧乏性のワタクシなのでした^^;

まとめ

ANA特典航空券を見つけるのは、なかなか根気のいる作業です。

これは、ANAに限ったことではなく、ほとんどすべてのエアラインに言えることですが。。。

もし自分のスケジュールにマッチした特典航空券を見つけたら、いち早くゲットしましょう!

特にビジネスクラスは、空いていてもすぐになくなってしまいます。

ちなみにAMEXからANAにポイントトランスファーする場合、約2日かかります。

できれば希望の空席を見つけることができてからトランスファーしたいですが、トランスファーを待っている間に空席がなくなってしまったらどうしよう・・・

と、かなりヒヤヒヤしながら待つことになります ←超ギャンブルー

今回はANAにマイル移行が完了するのを待っている2日間、なんと空きがそのままだったので、無事に予約、発券することができました。

心臓が爆発しそうなくらいビクビクしていました(笑)

こういったヒヤヒヤ感を楽しみたくない方は、早めにトランスファーしておいたほうがいいかもですね^^;

とにかく、まだやったことがないかたは、一度練習を思って、いろんな条件で検索してみることをおススメします!

意外なルートを見つけることができるかもしれませんよ^^

コメント

p.s.

貴重なお時間を取ってブログを読んでくださり、本当にありがとうございます!!

もっと詳細をしりたい!と思われるかたは、ぜひ遠慮なくコメントください^^

コメントやいいね!をいただけると、さらにブログを続ける励みになります^^

よろしくお願いいたします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ